sukoyaka.jpg 「住宅改造ポイント集<聴覚障がい編>」
発行:北九州市建築都市局住宅計画課
企画編集:NPO法人北九州市すこやか住宅推進協議会

この冊子の作成に協力しました。
1)聴覚障がいとは何か、2)住宅の各部の改造ポイント、3)実際の住宅事例(8件) が載っています。

個人的な欲を言えば、住宅事例をもっと増やしたかったなと思ってますが、大人の事情(?)で無理でした。でも、このような冊子は今までになかったと思います。

当ブログで書いてきたことが写真やたくさんのイラストではっきりとわかるようになってます。



【過去記事をランダム表示しており、時代遅れの記事が出ることがあります。】

壁は、重要な要素の1つだろう。聾者の住宅は「一室空間」がいいのではないかという考えが巷にはある。僕は、それを否定したい。

視覚に頼る聾者にとって、壁は邪魔なのかも知れない。しかし、それは一般的な壁のことにすぎない。浮いてるような壁、ぶら下がった壁などを使うという手がある。必ずしも全てが見えていれば良いというわけではなく、気配が感じられれば良い。

こういったことから、壁を使うことに可能性はある。あとは壁の必要性を、普通の設計などと同じように考えていけばいい。